HOME » 知って得する!注文住宅豆知識 » 注文住宅と建売住宅の違いを知る

注文住宅と建売住宅の違いを知る

このページでは、注文住宅と建売住宅の違いを紹介します。

注文住宅と建売住宅の違い

家イメージ念願のマイホーム購入にあたり、注文住宅にしようか、建売住宅にしようかと迷う人は多いのではないでしょうか?

以下にそれぞれのメリット・デメリットを紹介しますので、ぜひチェックを。

注文住宅

注文住宅では施主の意見を設計の段階から反映し、家づくりを行っていきます。

設計だけを建築士やハウスメーカーに依頼し、施工は専門会社に行ってもらう場合と、ハウスメーカーなどにまとめて依頼する場合があります。

【メリット】

  • 外観/内観デザインや間取りにおいて、自分たちのこだわりを追求できる。
  • キッチンやバスから、壁紙に至るまで希望通りの設備を組み合わせられる。
  • 予算を多くかけたい部分とそうでない部分を自由にコントロールできる。
  • 建築中の現場を、こまめにチェックできる。

【デメリット】

  • 土地探しや設計相談、そして建築まで、長い期間と複数の手続きが必要となる。
  • 設計の段階でプロに自分たちの希望を上手に伝えられず、イメージと違う仕上がりになることも。
  • 予算や実際にかかる費用の増減を、正確に把握しづらい。

注文住宅の最大の魅力は、やはり世界にひとつしかないマイホームを建設できることと言えます。時間や予算にある程度の余裕が持てる場合、積極的にトライする価値は充分です。

建売住宅

建売住宅は、既に家が完成している、或いは完成直前の家を購入します。

不動産会社が大規模に開発している宅地の場合、街並みと呼んで差し支えないほど計算された環境が整えられています。

【メリット】

  • ほとんど完成した状態をチェックできるので、間取りや設備、外観などについて納得したうえで購入できる。
  • 購入の決定から入居までを、スピーディに執り行える。
  • 全体予算を把握しやすい。

【デメリット】

  • すでに完成された商品のため、自由度は低く、こだわりも反映できない。
  • 設備面で多くの妥協が必要となる。
  • 建築工程を確認できない不安が残る。
  • 土地に余裕はなく、区画内の隣家と接近している場合が多い。

建売住宅はマジョリティのニーズを汲み取り、生活しやすい住環境が整うよう計算されています。オリジナリティの追求にはさほどこだわらず、ご近所付き合いも苦にならない人にとって、便利な商品であることは確かです。