HOME » 知って得する!注文住宅豆知識 » 理想の家を建てるコツ

理想の家を建てるコツ

このページでは、こだわりを反映した注文住宅を完成させるコツを調査しています。

こだわりの注文住宅を作るには

注文住宅の建設には、以下の流れがあります。

  1. マイホームイメージ建てたい家をイメージ
  2. 予算を講じる
  3. ハウスメーカーの情報収集
  4. 土地探し
  5. 設計・施工業者との契約
  6. 地盤調査(改良)~着工~竣工
  7. 検査
  8. 引き渡し

理想の家を建てるには、1~4の工程に本腰を入れて取り組むことが大切になってきます。

具体的なイメージづくりが成功のカギ

注文住宅には、自分たちのこだわりを反映できます。まず「どんな家に住みたいか」予算を度外視して考えるところからはじめてみましょう。

  • ベッドルームの天井に窓をつけたい
  • リビングは吹き抜けにしたい
  • 耐震構造にこだわりたい
  • スペースを活用して収納をたくさん作りたい

上記のような希望が出てきたら、そこに優先順位をつけていくと、現実的なプランにつながりやすくなっていきます。「これだけはどうしても譲れない」というポイントを明確にしておくと、予算に応じた最適な家づくりに近づけるはずです。

ハウスメーカーにイメージを伝える努力を

考える施主イメージより良い注文住宅づくりを実現するためには、業者選びを慎重に行う必要があります。そのポイントは別ページで解説しますが、どこに依頼したとしても、円滑なコミニュケーションを図ることが重要です。

その際に注意したいのは、窓口となる担当者との相性。素人である施主に、いくら明確な完成イメージが見えていたとしても、プロの目でチェックすれば、実現可能な点とそうでない点が必ず出てきます。

こうした話し合いをスムーズに進めるための大前提として、施主の方向性に賛同してくれる人、相談中の話し合いが盛り上がる人かどうかを、シビアにチェックするとよいでしょう。

またイメージ作りの段階で、雑誌や写真集、そして住宅情報誌などを参考にすることも大切。モデルルームなどを回って、気に入った部分を写真に収めておくのもいいでしょう。言葉で伝えるより、実際の写真などがあれば、協力者もイメージが持ちやすくなるからです。

自分たちの理想をきちんと伝えるために、施主側も地道な準備を進めておきましょう。

土地選びの注意点

注文住宅を建てる基盤となる土地選びも重要です。以下のポイントに留意してください。

  • 広さ
  • 駅からの利便性や通勤時間
  • 周囲の環境
  • 地盤

利便性や周辺環境は、施主にもチェックできますが、それ以外については、プロの意見も参考にしたいところ。不動産会社に相談することもできますが、中には土地探しから住宅建築までをワンストップで行ってくれる業者もありますよ。