HOME » 知って得する!注文住宅豆知識 » 注文住宅業者を選ぶポイント

注文住宅業者を選ぶポイント

このページでは、より良い注文住宅施工業者の選び方を紹介しています。

より良い注文住宅施工業者の選び方

注文住宅施工を請け負う業者は、以下の3つに大別できます。

大手ハウスメーカー

ハートクローバー実績や信頼度が高く、最新技術にも精通しています。また工期が短く、各種手続きの代行サービスを行ってくれる会社もあります。

ただし自社以外の技術は採用しないため、注文住宅なのに自由度が低い場合も…。また大々的な広告宣伝が、価格に影響していることも多いようです。

地元密着型の建設会社

ハートクローバー地域の気候風土をよく理解しており、同地域内での施工物件も確認しやすいというメリット有。プラン相談をじっくり行えるほか、小回りの利くサービスで自由度の高い家づくりを実現。アフターケアも充実しているため、末永い付き合いが可能になるでしょう。

ただし最新技術やデザインに対応できない場合も。また実績の少ない会社には倒産の心配もあるので、会社情報をよく調べてから依頼するようにしてください。

建築設計事務所

ハートクローバー信頼できる事務所に依頼できた場合、個性的かつ機能的な家づくりは約束されたようなもの。特殊な条件の土地にも対応してくれるでしょう。

ただし、施主と建築家の相性が合わないと進行が滞る可能性があります。また施工は別会社が行うことになるため、その管理やアフターメンテナンスには一抹の不安が残ります。

上記3種の業者の中から、依頼先候補が決まったら、以下の3点に留意してください。

安全性

マイホームは建てたらそれで終わりではなく、何十年にも渡って、毎日の生活を過ごす場所です。安全性にきちんと配慮してくれる会社であるかどうか、確認しなければなりません。

その目安のひとつに国土交通省が認定する長期優良住宅制度があります。その認定には、以下の基準例を満たす必要があります。

  • 耐震性(耐震等級2級以上)
  • 省エネルギー性(省エネルギー対策等級4以上)
  • 劣化対策(劣化対策等級3相当)
  • 住戸面積(75m2以上)

このほかにも維持管理の容易性や、居住環境に配慮された住宅でなければ、認定を受けられません。上記の条件をクリアが標準仕様の業者なら、まず安心して任せられるでしょう。

施工の自由度

注文住宅の魅力は、施工の自由度が高いことに尽きます。しかし大手ハウスメーカーは、ある程度内容が設定されたいくつかのプランを、注文住宅として販売している場合も…。

  • 間取り・資材・仕様はすべてフリープランか
  • 専任の担当者が、丁寧に打ち合わせや相談への対応を行っているか

上記のようなポイントは、依頼前にしっかりと確認しておきましょう。

評判

一度依頼してしまうと、他社に乗り換えるのは難しくなるので、事前に評判を調べておくことは非常に重要です。

  • ネットの口コミを参考にする
  • その業者で家を建てた人の声を聞ける機会を作る(完成披露会への参加や、知り合いの紹介など)

住み心地はもちろんですが、スタッフ対応やアフターメンテナンス、そして施工マナーなど、細部に渡ってチェックを!しっかり調査して、信頼できる業者選びに役立ててくださいね。